工房・お引越し

窯・引っ越し

窯・引っ越し

窯・引っ越し

 

今日で2月も終わりですね。ずいぶんご無沙汰してしまいました。昨年末に工房の引っ越しは完了しましたが、山のような荷物で埋め尽くされていました。いったい、どこから手をつけたらいいのやらという年明けでした。その上、内装工事がなかなか終わらず、、実は今もまだ終わっていないのです。なので、本当は今月中にはオープンできると思っていたのに未だオープン出来ないまま。そして、以前よりは広い所に引っ越したはずなのに、いったいこの荷物は収まるのか、以前はどう収まっていたのか、、(笑)

引っ越しの最大の難関は窯の輸送だったのですが、こちらは懇意にしている窯のメーカーの方(今はもう引退されているのですが)にお願いして、窯の運搬業者の方を紹介していただきました。300kgはある窯がクレーンで吊られている様子は圧巻です。

朝9時から始まった引っ越し、全部積み終わって出発したのは15時!!私の予想予定では、お昼頃には積み終わって、14時くらいには神戸に着いているかと思っていたのです。ですが、ようやく現地に着いた時には日も沈みかけていました。電気のまだ通っていない工房ですべての荷物を積み下ろした頃にはすっかり日も暮れていました。

ここでもメインイベントは窯を積み下ろして設置してもらう事です。入り口に少し段差があるので、その高さに合わせてコンパネを引いてスタンバイ。道幅もあまりないので、電線ギリギリまでクレーンで吊上げてそのコンパネの上へ。見ている方がハラハラ、ドキドキでした。果たして、見事位置が決まって着地した時には思わず拍手が起こりました。本当に見惚れるユニックさばきでした。

当初の床が見えないくらいの荷物は随分片付いて、後もう少しというところ。来月にはオープンする予定です。後、暫しお待ちくださいね。春の訪れとともに新しい工房で制作できることと思います^^

陶芸工房suntrap
森本 陽子

suntrap-ceramics.com