釉薬かけ・一輪挿し

釉薬かけ・一輪挿し

 

連休最終日は曇り空ですが、すこしひんやりした空気が心地よい朝です。

先日の一輪挿し、素焼きが出来たモノに釉薬かけをしました。きれいなサクラ色ですが、焼き上がりは何色になるでしょう??何種類もの釉薬を器によってかけ分けますが、どの釉薬も自分で調合したものです。いくつもの鉱物を正確に量って混ぜ合わせます。同じ鉱物を使っても、割合が違えば焼き上がりはそれぞれ違う風合いになります。わずかな事で、いい雰囲気になったり、いまひとつだったり、、ベースの土が違えば、同じ釉薬でもまた違った雰囲気にもなります。この器にはこの釉薬、この粘土だとこの釉薬とイメージを膨らませるのも楽しいひとときです。同じレシピにたまたま一種類違う鉱物に変えて思わぬ色が出る時もあります。そんな時は思わずガッツポーズです(笑)今回のこの釉薬は長らく使っている定番の釉薬です。さてさてそんな色目か焼き上がりましたらまたご紹介させていただきますね。うまく焼き上がっていますように。。

 

陶芸工房suntrap
森本 陽子

suntrap-ceramics.com